agriculture

種選びの3つのポイント〜固定種って?

投稿日:

新規就農者必見 種選びのポイント

Agriculture, Seeding, Plant seed growing concept.

みなさんこんにちは!
昔思人です。

今回は種選びについて解説していきたいと思います。

種の問題とか
種子法とか色々あって分からない!という方は必見です。

種には

固定種、在来種、F1種 いろんな種類のものがあります。

固定種とは?

固定種とは
古来から伝わる種のことで

基本的には人工的な交配などがなく、その品種が何年も前から引き継がれて来たもの。
自然のままの種のことを言います。
自然栽培農家さんなんかでは
良い種を残すであろう作物は最後まで収穫をせずに
実をならせ、種を収穫していく作業をしていきます。

毎年毎年つむぐことによって
その土地にあった地産地消の野菜に育っていくわけですね。

国産がだから固定種というわけではなく

それに比べて
F1種とはどのようなものでしょうか?

1代交配種と言って良いところと良いところを配合して出来た
いわば、雑種強勢という遺伝の法則を利用した育種方法です。

改造種と言えば分かりやすいかもしれません。

例えば、
一代雑種の代表を、「タキイ交配耐病ひかり蕪」としましょうか。日本の小カブと、大きくて丈夫な、外国の家畜飼料用のカブをかけ合わせてできました。(…だそうです)

F1種の中には本来であれば旬を外した種でも
作物が取れるものがF1種です。
耐性が備わってたり、色が鮮やかになったりと

しかし作物の中に種はあるものの
それを自家採取し植えてみるとびっくり

作物はなりません。。

そうです。1代交配種なので
来年も種を買わないといけないわけですね。

また固定種を種登録するためには
種苗法上 7年以上
自家採取し同じクオリティーで発芽率85%以上必要なんですが
つむぐことが出来れば自分の種として
種の認定できるのですが
7年間のデータの蓄積したり分析したりって個人農家は毎年そんなことは出来るわけがありません。

また申請コストとして
出願料42700円
登録料が別途各年6000円〜
かかって来ます。
まあまあ大変な維持費ですよね。

しかしこれには現実的にかなり無理があるのです。

今種子法の問題で
元々は種の権限って各自治体にあったんですよね。
前の投稿で色んな歴史の中で、所有権は自治体だったのですが

種の問題と言われてるのは
民間企業で開発された種を使いましょうぜ

というハードルを下げてしまうと

そうなると海外の大手の種会社がこぞって日本に
入ってくるわけですよね。

そこで行政も規則やルールをつけないといけない。

そこで種苗法をクリアしてる種しか使ったらダメですよ
と動いてるわけです。
しかも外資系の大手の種会社は日本の色々なデータ網を持ってるわけですね。

家庭菜園禁止法が某アイドルグループ報道の裏側で国会で決議されたりと

知らない間に侵食して来ます。

という状況なのです。

日本の古来の種を保存していく、

継承していくというのは今非常に大事な問題なのです。

今の状況はこれぐらいにして

どういう野菜を育てたらいいのか?
どこで種を買えばいいのか?

Various seeds and grains close up

結論!!
育てたい野菜を育てたらいいと思いますw

というのは

自分が選んだ種や野菜には愛情が湧いてくるからです。

さっそく固定種をメインで扱っている

種屋さんのご紹介をしたいと思います。

高木種苗さん
http://takaginouen.com/

野口のタネ
http://noguchiseed.com/hanbai/
種屋さんの中では固定種を長年販売されており、実績も多いです。

つる新種
http://tane.jp/
野菜ごとの特徴もまとめあり親切。
電話対応でその時期にオススメの種や
気をつけた方がいいことなど様々なアドバイスをしてくださいます。

後は自分が育てる野菜が
市場で価値があるものなのか?

価値は高いけど人件費と生産中のコストを考えるとどちらが高いのか?とか
誰に向けて販売したいのか?

珍しい野菜だと一般のお客様がどう調理していいか分からない
などのデメリットがあります。

ただレストランだとおしゃれな野菜を必要としてる

など自分の周りの販路を考えながら作る野菜を決めていくのは一番良いと思います。

一番ダメなのは
とりあえずにんにく作っておけば良いでしょ!
とか後先考えずに作って廃棄をしてしまう

これが本当に無駄です!
勿体無いのでそれだけは辞めましょう!

-agriculture
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新規就農までの道!ファーマーとして進むための4つのポイントまとめ

今回は新規就農する際の農地の借り方について解説をしていきたいと思います。 wooden signpost in the mountain 転職して農業を始める際 行政の手続きも難しそう。。 思い切って …

農業道具は出来るだけ最低限に!新規就農者の節約術!

こんにちは! 今回は農業資材の調達の仕方についてお話をしていきたいと思います Gardening hoe and shovel on land 新規就農の際 全くお金がありませんでしたw 本当に農業に …

市場規模7年で400%増!?注目されているスマート農業

今回話題となる時事ニュースについて考えてみようと思います。 スマート農業 スマート農業って?? Man hand pressing on Smart Farms Key. Smart Farms co …

有機JASって?実は違う!日本と海外のオーガニックの定義

こんにちは!昔思人です! 海外のオーガニック市場は 右肩上がりで伸びていって居ます。 JAS規格って何?? 登録認定機関が検査し、
認定された業者のみが 「有機JASマークを貼ることができる」「有機と …

自然栽培ってなに?

自然栽培ってどんな栽培方法なの? 自然栽培とは 言葉の通り、自然の力を借りて栽培していく方法です。 また持続可能な栽培方法でもあります。 通常、肥料や農薬というのは石油から作られている物がほとんどです …

元公務員→自営業→野菜作り
【日本の皆さんに本物の野菜を届けたい】
そんな思いから地元に帰り、無肥料、無農薬で野菜作りを始めました。
毎日真剣に野菜と向き合う新人ファーマーの記録です。

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

シェア畑